シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 新十津川ダム盛土施工管理について

作成年度 1958年度
論文名 新十津川ダム盛土施工管理について
論文名(和訳)
論文副題 昭和32年度(38)
発表会 昭和32年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和32年度技術研究発表会
発表年月日 1958/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
杉井 勲
抄録
新十津川ダムは樺戸郡新十津川町字西徳富にあり、ダム形式は中心刃金式、堤高29.2m、堤長95.0m、堤体積89,000m3、総貯水量4,800,000m3である。本ダム完成後においては、既水田3,084町歩の補給水および325町歩の新規開田に対する用水が確保される。また本ダムは昭和27年に起工し、現在全盛土量89,000m3の内30,000m3の盛土が完成している。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.