シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 近文射流分水工について

作成年度 1959年度
論文名 近文射流分水工について
論文名(和訳)
論文副題 昭和34年度(32)
発表会 昭和34年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和34年度技術研究発表会
発表年月日 1959/05/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
柳沢秀夫
抄録
本設計は近文地区直轄灌漑排水事業における、国営幹線溝路側点2,714.35mにおいて、近文および共栄各幹線に分水するために設けるものであり、分水点上流勾配1/3,600、分水点下流近文幹線1/55、共栄幹線1/5,000で共栄幹線についてはほとんど落差がなく、このため射流理論にもとづく射流分水工を採用した。これにより従来行われてきた単なる越流堰による分水や、いわゆる円筒分水、瀬割分水などにおける難点を解決した。なお、横越流型分水工も併せて設計し、各々の水理実験は、土木試験所において行われ、分水精度などの結果より、射流分水工を採用したもので、以下、射流分水工について述べる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.