シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 多自然川づくりの取り組みに関する研究

作成年度 2008年度
論文名 多自然川づくりの取り組みに関する研究
論文名(和訳)
論文副題 平成20年度(指-1)
発表会 平成20年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成20年度技術研究発表会
発表年月日 2009/02/26
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
「多自然川づくり」(従前の呼称は「多自然型川づくり」であるが、本研究では「多自然川づくり」と称す)の取り組みは、護岸のコンクリートブロックなどがむき出しであった頃、生態系に及ぼす影響が懸念され、その対策としてパイロット的にモデル事業として実施されたのが始まりである。北海道開発局では、これまでA・G・S(アクア・グリーン・ストラテジー)を初め多くの多自然川づくりを実施しており、そのデータの分析、また得られた課題を通して、今後の多自然川づくりの取り組み方について提案を行う。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.