シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鵡川河口干潟再生事業に関する考察

作成年度 2011年度
論文名 鵡川河口干潟再生事業に関する考察
論文名(和訳)
論文副題 平成23年度(環-31)
発表会 平成23年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成23年度技術研究発表会
発表年月日 2012/02/23
所属研究室/機関名 著者名(英名)
吉川契太郎
桝井正将
梅木幸治
抄録
鵡川河口の干潟を含む海岸汀線は1970年代頃から減少傾向にあり、貴重な渡り鳥等の生息環境影響が懸念されていた。そのため平成14年より、鵡川の河口干潟の自然環境を保全・回復させるために、様々な対策を講じている。地域住民の方々により自主的な自然保護活動が始められるなど、河口周辺干潟の環境保全が始まっている。本報告では鵡川河口干潟再生事業における対策の状況とモニタリング調査から得られた知見について報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.