シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 既設築堤安全度調査

作成年度 1975年度
論文名 既設築堤安全度調査
論文名(和訳)
論文副題 昭和50年度(D-2)
発表会 昭和50年度技術研究発表
誌名(No./号数) 昭和50年度技術研究発表
発表年月日 1976/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
北海道の治水事業は、近年大幅に促進され、堤防も暫定断面の箇所を含め、おおむね連続してきた。築堤の未施行区間が多く、不連続区間が増加するにつれて、洪水時の築堤の安全性の再検討が大きな課題となってきた。本調査研究は、この現状に対し、道内各地の既設築堤の品質の実態を調査するとともに、これらと築堤の安全度について検討を行い、安全度の判定方法を確立することを目的として、昭和47年度から4年間にわたり指定過大として取り組んできたが、ここに、一応の成果を収めたので報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.