シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 河道内植生の計画と適正管理に関する研究

作成年度 1998年度
論文名 河道内植生の計画と適正管理に関する研究
論文名(和訳)
論文副題 平成10年度(指-2)
発表会 平成10年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成10年度技術研究発表会
発表年月日 1999/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
近年、豊かで潤いのある良好な環境を求める国民のニーズの増大に伴い、河川の持つ多様な生物の生息・生育環境としての機能の重要性が認識されるようになり、平成9年の河川法改正によって、「河川環境の整備と保全」が河川管理の目的の一つに明記された。これにより、河川管理の責務が、自動的に「河川環境の整備と保全」を含んだより広く、重いものとなった。河川環境の中でも、生態系や景観などにおいて大きな要素となる河道内植生に対しては、その動的要素(新たな侵入、消失、樹木密度や樹種の遷移等)を考慮して、将来の植生状況予測と明確な目標設定をした管理が必要である。本指定課題研究は、治水および河川環境の両面から適正な河畔林の維持管理技術を開発することを目的に、平成9年度から3ヵ年計画で実施している。研究は3つの小テーマで構成され、各現場での河畔林の状況や施工事例を研究に反映させるため、札幌開発建設部を除く各建設部が共同で1つのテーマを担当するという体制で取り組んでいる。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.