シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 道路防雪林の活用条件に関する考察

作成年度 2001年度
論文名 道路防雪林の活用条件に関する考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報第575号
発表年月日 2001/04/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
道路部防災雪氷研究室福澤 義文(FUKUZAWA Yoshifumi)
旭川建設部道路第二課道路防災係長廣瀬 哲司(HIROSE Tetuji)
道路部防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Tasuhiko)
抄録
狭帯防雪林の防雪効果を明らかにするため、間伐材を用いた現地での試験調査と、数値シミュレーションによって検討し、狭帯防雪林の適切な規模を選定する活用条件を一試案として示した。その手法は、1)植樹条件・樹高と防雪効果、2)吹雪を抑制する目標値の設定、3)視程・風速階級別累積頻度分布、4)気象条件と植樹条件、5)狭帯防雪林の活用条件、の手順で検討を行い、対象地域の最大風速と視程200m未満の視程障害発生頻度を知ることで、狭帯防雪林の活用条件が求まることを示した。例えば、最大風速が14m/s、視程200m未満の視程障害発生頻度40日の地域では、狭帯防雪林の規模として、樹高6m程度で3条林植栽が適切であることなどを明らかにした。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.