シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 泥炭の盛土材料への利用

作成年度 2001年度
論文名 泥炭の盛土材料への利用
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報 第577号
発表年月日 2001/06/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
構造部 土質基礎研究室佐藤 厚子(SATOH Atsuko)
構造部 土質基礎研究室西川 純一(NISHIKAWA Jun’ichi)
北海道開発局室蘭開発建設部(前 構造部 土質基礎研究室)山澤 文雄(YAMAZAWA Fumio)
抄録
北海道に広く分布する泥炭は、盛土には適さない材料とされ、これまで捨土処分されるのが一般的であった。しかし、今後、廃棄場所が限られてくると予想されることから、泥炭の適切な利用方法の開発が望まれている。本研究では、泥炭を盛土材料として利用する方法として、泥炭の含水比を低下させて盛土材料とする、泥炭の含水比を低下させて固化材を添加した上で盛土材料とする、泥炭と石炭灰を混合して盛土材料とする、さらに泥炭と石炭灰の混合材料に固化材を添加して盛土材料とするという つの方法について実験的な検討を行った。その結果、泥炭は含水比を低下させることにより施工可能な盛土材料となるが、限られた条件の下でしか使用できないことが明らかとなった。一方、固化材や石炭灰により改良した泥炭は、盛土材料として十分に利用可能であることが分かった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.