シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 動的遠心模型実験による杭基礎の耐震評価に関する検討

作成年度 2001年度
論文名 動的遠心模型実験による杭基礎の耐震評価に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報第579号
発表年月日 2001/08/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
構造部土質基礎研究室冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
構造部土質基礎研究室西川 純一(NISHIKAWA Jun’ichi)
構造部土質基礎研究室齊藤 泰弘(SAITO Yasuhiro)
抄録
現行橋梁耐震設計の震度法および地震時保有水平耐力法で規定される杭基礎の地震時(動的)地盤反力は、地盤調査結果に基づく常時(静的)地盤反力から決定されている。しかしながら、杭基礎の地震時挙動を把握するためには、杭~地盤系の動的相互作用に関する応答特性の解明が不可欠であり、地盤特性に応じた的確な地盤反力の耐震評価が必要である。  本研究では、遠心力載荷装置を用い主に粘性土地盤及び北海道特有の火山灰地盤を対象とした動的加震実験を実施し、杭基礎の地震時挙動検証のための地盤種類別の動的地盤反力の性状について検討した。その結果、動的水平地盤反力係数Kheはひずみ及びびひずみ速度に依存しており、共振周波数からの推定が可能であることがわかった。この関係から求められるKheは、粘性土地盤では地震時保有水平耐力法で算定される値と同様であり静的水平地盤反力係数Khの約3倍であった。しかしながら、火山灰地盤では地震時保有水平耐力法の設定値と異なりKhと同等値であることが明らかとなった。そのため、今後の杭基礎耐震設計法における適切な耐震評価のためには、地盤性状及び杭と地盤の応答特性に応じた地盤反力の設定が必要と考えられた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.