シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 凍結融解に伴う締固め土の物理的、力学的性質に関する基礎的実験

作成年度 2001年度
論文名 凍結融解に伴う締固め土の物理的、力学的性質に関する基礎的実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報第579号
発表年月日 2001/08/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
農業開発部農業土木研究室大深 正徳(OFUKA Masanori)
農業開発部農業土木研究室秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
農業開発部農業土木研究室宮川 真(MIYAKAWA Makoto)
農業開発部農業土木研究室小野寺 康浩(ONODERA Yasuhiro)
抄録
室内実験により凍結融解に伴う締固め土の物理的・力学的性質の変化を検討した。検討項目は、物理的性質が土粒子密度、粒度分布、液性限界・塑性限界、力学的性質が締固め特性、三軸圧縮強度(内部摩擦角及び粘着力)、透水係数である。試験の結果、外部からの水分供給がない条件下で、以下のことを確認した。 ① 凍結融解に伴う明確な物理的性質の変化は認められない。 ② 力学的性質のうち、締固め特性と内部摩擦角は凍結融解作用により変化しない。凍結融解に伴う粘着力の変化については明確な特徴を見いだせなかった。 ③ 凍結融解作用により透水係数はわずかではあるが、増加傾向を示す。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.