シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 成分分離に基づく2段タンク型貯留関数モデルの同定 -異常出水への洪水流出計算の適用-

作成年度 2001年度
論文名 成分分離に基づく2段タンク型貯留関数モデルの同定 -異常出水への洪水流出計算の適用-
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報 第581号
発表年月日 2001/10/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
環境研究室長中津川 誠(NAKATSUGAWA Makoto)
北海道河川防災研究センター研究所長(元開発土木研究所長)星 清(HOSHI Kiyoshi)
河川研究室園山 裕士(SONOYAMA Hiroshi)
抄録
現在、一般化貯留関数法を用いた洪水流出計算手法が北海道開発局の洪水予測システムに採用されている。このモデルは洪水時の降雨流出過程の非線形性をよく表し、かつニュートン法の最適化手法により、モデル定数の最適値探索が容易なことなど、実用性が高い。しかしながら、有効雨量の決定を必要とするなど、モデルの汎用化が難しい事例がみられる。  最近、異常融雪出水を含め、異常気象による大洪水が世界各国で頻発している。このような顕著な洪水例が北海道内の河川でも見受けられる。異常出水には最悪の条件が重ねる場合が多い。したがって、その条件を想定した洪水予測システム開発が不可欠である。  本報告では、洪水流出計算手法の一層の普遍化を目指すため、実測された降雨量を直接計算に用い、水収支上、表面流出のみならず、中間流出・地下水流出成分の再現性が良好な流出モデルを提案する。そこで、2つの流出成分を包括的に表現するために、2段タンク型貯留関数法を採用した。また、流出成分を数値フィルターによって分離できるため、各流出成分のモデル定数を独立に最適同定することが可能となった。従来の方法では再現が悪かった洪水事例について流出計算を行い、大幅な再現性の改善を図ることができた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.