シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 農業地帯の水質改善のための緩衝帯について

作成年度 2001年度
論文名 農業地帯の水質改善のための緩衝帯について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報 第584号
発表年月日 2002/01/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
農業土木研究室中村 和正(NAKAMURA Kazumasa)
抄録
農業的土地利用がなされている流域での河川水質に は、面源である農地の割合が影響を与えるといわれて いる。このような流域での水質の改善にとっては、 農地からの栄養塩の流出を抑制できるような施肥管理 を行うなど、農地の管理が最も重要であるとされてい る。こういった農地管理を行ったうえで、今後は、 排水路沿いの緩衝帯や人工湿地といった対策の必要性 が増すと考えられる。これらの緩衝帯や湿地はあくま でも補助的な対策で、農地の管理が不適切であれば、 水質の改善効果は限られたものでしかないことはいう までもない。 農地排水路沿いの緩衝帯に関する国内の研究例は、 まだ少ない。しかし海外では、欧米やニュージーラン ドを中心として、1970年代頃から多くの研究報告が出 され、数百にのぼる文献が出されている。これらの 研究の中には、20年間に及ぶ緩衝帯の機能観測例など も含まれている。 本稿では、主として排水路沿いの緩衝帯の適用性や 機能について解説する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.