シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 河川における非定常流下での砂州形成に関する研究

作成年度 2002年度
論文名 河川における非定常流下での砂州形成に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 北海道開発土木研究所月報 第587号
発表年月日 2002/04/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
平成13年度依頼研修員 財団法人北海道河川防 災研究センター研究員 (株式会社北開水工コ ンサルタント)大山 史晃(OOYAMA Fumiaki)
河川研究室長渡邊 康玄(WATANABE Yasuharu)
抄録
河床に形成される砂州は、流れを蛇行させ水衝部や局所的な水深規模の深掘れや堆積を生じさせるため、その発生形態は災害と密接に関係してくる。砂州が形成される河川の河床・河道形状を定量的に把握することは河川工学上重要な課題である。また、近年増加している集中豪雨による洪水は、時間的な水位の変化が大きく、洪水時の砂州の挙動を把握しようとする場合、流れの非定常性を考慮する必要があると考えられる。本研究では、2つの河川において、洪水の際に発生した河床の大規模な洗掘と堆積による被災の原因について検証を行った。その結果、被災の原因は、洪水時に砂州が発生したことによるものと判断されたため、渡邊ら1)の非定常流下の線形安定解析法を用いて、洪水時における砂州の挙動を捉え、砂州の形成が河道に及ぼした影響について考察した。また、洪水時浮遊砂が卓越する河川を例にあげ、浮遊砂の発生が砂州の形成にどのような影響を及ぼすのかを把握するため、その影響を考慮しての線形安定解析を実施した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.