シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 水で希釈した乳牛ふん尿のメタン発酵特性

作成年度 2008年度
論文名 水で希釈した乳牛ふん尿のメタン発酵特性
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第669号
発表年月日 2009/02/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
資源保全チーム大深 正德(Masanori OFUKA)
資源保全チーム石田 哲也(Tetsuya ISHIDA)
資源保全チーム横濱 充宏(Mitsuhiro YOKOHAMA)
資源保全チーム山田 章(Akira YAMADA)
資源保全チーム桑原 淳(Jun KUWABARA)
抄録
家畜ふん尿をパイプラインで搬送可能な濃度に水で希釈してメタン発酵させる場合の希釈限界濃度を明らかにするため室内発酵実験を行った。その結果、TS=11.5%の無希釈試料における有機物の単位量当たりのメタンガス発生量が115ml/g であるのに対して、希釈後の原料スラリーのTS が約1.2~7.7%であれば、その有機物の単位量当たりのメタンガス発生量は151 ~162ml/g の範囲の中にあった。すなわち、滞留日数を30日とした中温メタン発酵における希釈原料スラリーの有機物の単位量当たりのメタンガス発生量に差異はなく、無希釈の場合と比べても遜色がなかった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.