シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 運搬除雪雪量計測システムの開発

作成年度 2010年度
論文名 運搬除雪雪量計測システムの開発
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第692号
発表年月日 2011/01/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム石川 真大(Masahiro ISHIKAWA)
寒地機械技術チーム佐々木 憲弘(Norihiro SASAKI)
寒地機械技術チーム牧野 正敏(Masatoshi MAKINO)
寒地機械技術チーム中村 隆一(Ryuichi NAKAMURA)
寒地機械技術チーム大上 哲也(Tetsuya OGAMI)
寒地機械技術チーム柳沢 雄二(Yuji YANAGISAWA)
抄録
積雪寒冷地域では路側に堆積した雪を排除し、車道幅員や堆雪スペースの確保を目的に運搬除雪作 業が行われている。北海道開発局における運搬除雪作業の施工管理は、ダンプトラックに積込みされ た雪量(雪の体積、m 3 )と、ダンプトラック台数の計測により行われているが、その作業は人力に頼 らざるを得ない状況であり、正確性や監督員・作業員の負担を改善する必要がある。  本開発は、この施工管理のうち、雪量計測を対象に、ロータリ除雪車前方に取り付けたレーザース キャナで、除雪直前の雪堤体積を計測するシステムを構築するものである。システムを用いた計測試 験は、テストコースで造成された雪堤で行い、精度の高い計測が可能なことを確認後、実際の運搬除 雪作業現場で適応試験を行った。その結果から実用に向けての課題を明らかにした。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.