シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 耐摩耗アスファルト混合物の配合設計について

作成年度 1989年度
論文名 耐摩耗アスファルト混合物の配合設計について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
維持管理研究室川村 和幸(KAWAMURA Kazuyuki)
維持管理研究室佐々木 克典(SASAKI Katsunori)
維持管理研究室沢田 俊作(SAWADA Shunsaku)
維持管理研究室水島 達朗(MIZUSHIMA Tatsuaki)
抄録
スパイクタイヤは、その普及、交通量の増大、除雪体制の整備による舗装路面の露出などと相まって、舗装面の摩耗を顕在化させている。その結果、路面修理費の増加、粉塵による環境への影響など深刻な問題を引き起こしている。[*]維持管理研究室では、舗装の摩耗を最小限にするため、耐摩耗アスファルト混合物の研究およびスパイクピンの改良につき検討を行ってきた。[*]本報告書は、これまでの調査、研究成果を取りまとめたものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.