シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 雪崩防止柵アンカーの耐荷力について

作成年度 1989年度
論文名 雪崩防止柵アンカーの耐荷力について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災雪氷研究室黒川 国夫(KUROKAWA Kunio)
室蘭開発建設部菅野 誠(SUGANO Makoto)
抄録
鋼管および鋼管の頭部に土圧板を取りつけた、2種類のアンカーの水平載荷試験と引張試験を実施し、曲げ応力および変位などの挙動解析を行った。[*]この結果、鋼管アンカーの水平支持力は、基礎杭における解析方法と同様に、横方向地盤反力係数K値を用いた弾性床上のはりとして算出できる。また鋼管に土圧板を取りつけたアンカーの水平支持力は、土圧板の載荷幅によって鋼管部分の地盤反力が大きくなったと仮定し、2層系地盤とすることで算出できることが明らかになった。[*]さらに引張試験によって、アンカーの施工位置がのり頭後部の場合は、斜面方向の荷重の水平分力のみが作用することが確認された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.