シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 流域スケールの降雨特性の研究

作成年度 1989年度
論文名 流域スケールの降雨特性の研究
論文名(和訳)
論文副題 山地流域における気流と降雨のシミュレーション
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道大学山田 正(YAMADA Tadashi)
環境研究室竹本 成行(TAKEMOTO Masayuki)
環境研究室中津川 誠(NAKATSUGAWA Makoto)
抄録
流域スケールの降雨場をモデル化するため、ディジタル化した地形情報からポテンシャル流として気流を計算し、その際の山地斜面に沿う上昇気流からもたらされる降雨をケスラーのパラメータリゼーションによって再現した。さらに、このようなシミュレーションを実際の流域に適用し、降雨に及ぼす地形の効果を検討した。[*]シミュレーションは観測結果を良く再現した。また、実地形上の5km以下のスケールの高周波成分を除去しても、雨域の分布および降雨強度に大きな違いが現われないことも示された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.