シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 凍結融解作用を受けるモルタルのAE計測における位置標定

作成年度 1989年度
論文名 凍結融解作用を受けるモルタルのAE計測における位置標定
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
材料研究室堺 孝司(SAKAI Koji)
材料研究室嶋田 久俊(SHIMADA Hisatoshi)
抄録
発生源位置標定は、材料内部の微小破壊の成長過程を定量的かつ立体的に把握できる有用な手法であるが、適切な測定方法を確立しなければ、満足する結果を得ることができない。そこで、各種条件がAE位置標定結果におよぼす影響等について検討を行った。[*]その結果、発生源位置標定を行う場合、到達時間は波形データから読み取る必要があること、検出波形の最大振幅やセンサ位置等が標定結果に影響をおよぼすこと等が明らかとなった。[*]また、位置標定を行った結果、給水のため劣化が激しいと思われる供試体上半分にAE発生源が集中する傾向が得られた。さらに、伝播速度は測定方法により異なる値を示すこと、中心部から離れるにしたがって伝播速度が位置標定結果に及ぼす影響が大きいことがわかった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.