シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 Degree-day法にランドサットデータを活用した融雪流出解析

作成年度 1989年度
論文名 Degree-day法にランドサットデータを活用した融雪流出解析
論文名(和訳)
論文副題 北海道の山岳地の融雪流出に関する研究
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水工部長星 清(HOSHI Kiyoshi)
農業土木研究室秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
抄録
融雪期では、流出系への入力である融雪量の算定が重要である。融雪量は、流域内における気温・風速・湿度放射量などを用いて、熱収支的に精度の高い算定が可能であるが、山岳地に位置する流域では、これらの気象要素の観測値が得られることが少ない。経験的な方法として、degree-day factorを用いる方法がある。本論ではこの方法と流出成分の分離則を組み合わせて、対象流域の融雪流出のモデル化を行った。また、解析にはランドサットデータ等を使用し、流域の雪線の後退状況から推算される融雪量と観測流出量が一致することなどを示し、融雪流解析におけるランドサットデータの利用方法を報告した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.