シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 最近の米国における道路研究動向と情報化をめぐる話題

作成年度 1989年度
論文名 最近の米国における道路研究動向と情報化をめぐる話題
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
抄録
最近米国では、道路の維持・管理や技術の移転といった観点からの研究が盛んである。なかでも、SHRP(新道路研究計画)はその規模や影響の大きさなどからそれらの筆頭格と言える。SHRPは、舗装の長期供用性に関する研究などを中心に、1988~1992年度の5年間で約1.5億ドルの研究投資を行う道路研究の一大プロジェクト機関である。筆者は、このSHRPに1989年8月から1年間の予定で派遣スタッフとして駐在している。本稿では、このSHRPを含め米国が国を挙げて推し進めている道路研究の最近の動向と、McTransや電子掲示板システムといったFHWA(連邦道路局)が進める情報化施策の一端について紹介している。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.