シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 茨戸川流域水門操作支援Fuzzyシステム

作成年度 1989年度
論文名 茨戸川流域水門操作支援Fuzzyシステム
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1990/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
局建設部河川計画課橋本 識秀(HASHIMOTO Norihide)
建設技術研究所是枝 伸和(KOREEDA Nobukazu)
水工部長星 清(HOSHI Kiyoshi)
抄録
道都札幌市の北部に位置する茨戸川流域の洪水被害を防止することを目的として、昭和57年に石狩放水路が完成し、昭和62年4月と5月の2回、洪水被害防止のため開門操作が行われている。この水門操作は、原則的には操作実施要領により行われるが、現実的に開閉の判断を下す場合には、長年の専門家(エキスパート)の経験的感が必要とされている。[*]本研究は、Fuzzy推論を適用して、この専門家の経験的判断をシステムに組み込んだ水門操作支援システムを確立することを目的として検討を行ったものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.