シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 RCCPの目地挙動について

作成年度 1990年度
論文名 RCCPの目地挙動について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1991/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
維持管理研究室二ノ宮 秀彦(NINOMIYA Hidehiko)
維持管理研究室川村 和幸(KAWAMURA Kazuyuki)
維持管理研究室中川 伸一(NAKAGAWA Shinichi)
抄録
近年、経済性と耐久性を兼ね備えた舗装工法としてRCCPが注目されているが、適切な目地設置間隔は課題として残されている。[*]これまでは、表面クラックの発生状況や目地の開きの変位からその決定を試みてきたが、決め手とはなり得ていない。[*]本報告文は、RCCP目地の荷重伝達率の追跡調査から目地下のクラックの発生の有無を推定したものであり、今後、目地間隔の適切さの判定に有用であると思われる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.