シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 フィリピン地震によるかんがい施設の被害と復旧

作成年度 1990年度
論文名 フィリピン地震によるかんがい施設の被害と復旧
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1991/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
農業工学研究所植田 昌明(UEDA Masaaki)
農業土木研究室谷 茂(TANI Shigeru)
東海農政局原田 幸治(HARADA Koji)
抄録
1990年7月にフィリピン・ルソン島でマグニチュード7.8の地震が発生し、死者は2500名以上に達した。灌漑施設にも18億円以上の被害を発生した。著者らは、1990年12月10-20日に政府調査団として、水路、ロックフイルダム、せきなどの被害調査を行った。本報告はこの調査結果について述べたものである。ロックフイルダムは震源地のごく近くに2箇所あったが、被害は比較的軽かった水路の被害はかなり大きく、液状化が被災原因と考えられる。せきは地震による直接の被害はなかったが、地震による山くずれの土砂が台風によって流され、それがせきの上8m以上も滞積し、せきの機能を失って、今後の復旧にも難しい問題を残した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.