シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 高耐久性コンクリート永久型枠を用いたPCはりの曲げ挙動

作成年度 1991年度
論文名 高耐久性コンクリート永久型枠を用いたPCはりの曲げ挙動
論文名(和訳)
論文副題
発表会 コンクリート工学年次講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1991/06/26 ~ 1991/06/28
所属研究室/機関名 著者名(英名)
日鐵セメント(株)八島 洋(YASHIMA Hiroshi)
材料研究室堺 孝司(SAKAI Koji)
抄録
本研究では、高炉スラグ微粉末を用いた高耐久性コンクリートをPCはりの永久型枠として利用することを目的に、それらの一体性に関する検討を載荷試験により行った。また、載荷試験に先だち、高耐久性コンクリートの遮塩性の評価のために、塩分浸透促進試験を行った。本実験結果から、(1)高耐久性コンクリートの遮塩性は普通のコンクリートより極めて高い、(2)永久型枠の使用は、PCはりの破壊荷重に対して影響を与えないが、剛性に影響を与え、たわみを小さくする、(3)永久型枠と内部コンクリートとは破壊直前まで一体に挙動することなどが明らかになった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.