シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 2車線道路における追越挙動について

作成年度 1991年度
論文名 2車線道路における追越挙動について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1991/09/17 ~ 1991/09/19
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室平沢 匡介(HIRASAWA Masayuki)
交通研究室小長井 宣生(KONAGAI Nobuo)
抄録
2車線道路におけるはみ出し禁止の規制を受けている区間は、低速車による車群化が進み、無理な追越しを誘発する弊害がおきている。そこで追越車線の設置基準のための基礎資料として2車線道路における追越挙動を把握することを目的として、実態調査とアンケート調査を行った。[*]その結果、はみ出し禁止区間であっても、規制速度+5km/hで走行している車両は、低速車となり、後続車両から追越しが発生することと、ドライバーは、普段走行するときに規制速度+10km/hを基準として意識を持っていることが明らかになった。今後は、追越車線の適性な延長と間隔の研究を行う。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.