シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 特性の異なる2種類のCFRP補強材料を用いたRC床版の耐疲労特性

作成年度 2011年度
論文名 特性の異なる2種類のCFRP補強材料を用いたRC床版の耐疲労特性
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第702号
発表年月日 2011/11/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地構造チーム三田村 浩(Hiroshi MITAMURA)
寒地構造チーム表 真也(Shinya OMOTE)
寒地構造チーム西 弘明(Hiroaki NISHI)
抄録
積雪寒冷地のRC 床版は、床版上面の凍害劣化によるスケーリングや砂利化により有効床版厚が減少し疲労耐久性(余寿命)が著しく低下することが確認されている。1)床版上面の凍害劣化部の除去、断面修復、防水層施工により凍害損傷を抑制し、下面補強により延命化を図る補強方法が提案され、これまで炭素繊維強化プラスチック(Carbon Fiber Reinforced Plastics)を含む種々の材料を用いた工法の検討が進められている。本研究では、近年開発された2種類の異なる特性を有するCFRP 材料を用いた下面補強工法により補強したRC 床版の輪荷重走行試験結果から補強面積は異なるが、いずれの場合も無補強のRC 床版と比較して11倍以上の疲労耐久性が確認された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.