シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 AFRPロッドで補強したRCスラブを芯材とする三層緩衝構造の性能実験

作成年度 1992年度
論文名 AFRPロッドで補強したRCスラブを芯材とする三層緩衝構造の性能実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1992/09/28 ~ 1992/09/30
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭工業大学松岡 健一(MATSUOKA Kenichi)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
構造研究室中野 修(NAKANO Osamu)
三井建設(株)田村 富雄(TAMURA Tomio)
抄録
土木構造物の衝撃緩衝材としては敷砂が用いられているが、敷厚による緩衝効果の向上を期待できないこと、トップヘビー構造になるなどの問題がある。このため、三層緩衝構造を開発し、野外実験棟によりその効果を確かめた。一方、コンクリートの補強筋に新素材繊維を用いる試みがなされている。本研究では、この新素材繊維を補強筋に使用したRC版を芯材に用いた三層緩衝構造について大型野外実験を行った。その結果として、上記RC版を用いる場合にも、裏層EPS材厚を増すこと等によって工学的に十分適用可能であることがわかった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.