シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 三層緩衝構造を用いたPC多主桁の荷重分担性状

作成年度 1993年度
論文名 三層緩衝構造を用いたPC多主桁の荷重分担性状
論文名(和訳)
論文副題
発表会 落石等による衝撃問題に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 1993/06/03 ~ 1993/06/04
所属研究室/機関名 著者名(英名)
ドーピー建設工業(株)竹本 健一(TAKEMOTO Kenichi)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
構造研究室中野 修(NAKANO Osamu)
構造研究室山内 敏夫(YAMAUCHI Toshio)
抄録
三層緩衝構造を設置した場合のPC多主桁の重鍾落下衝撃実験を行い、その衝撃挙動について検討を行った。[*]三層緩衝構造を用い、重量3tfの重鍾を高さ30mから中央桁に落下させた場合、桁の荷重分担率が30%以下になること、曲げモーメントの断面方向分布が均等化していること、軸方向分布が等分布荷重を受ける場合に類似していることから、荷重の分散効果が大きいことが明らかとなった。端桁に重鍾を落下させた場合も、十分な荷重の低減、分散効果を持つことが明らかになった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.