シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 泥炭の圧密沈下機構に関する研究

作成年度 1993年度
論文名 泥炭の圧密沈下機構に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 高有機質土地盤の諸問題に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 1993/11/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
土質基礎研究室日下部 祐基(KUSAKABE Yuki)
構造部長能登 繁幸(NOTO Shigeyuki)
抄録
従来泥炭の沈下解析には、Terzaghiの圧密理論が適用され、沈下量、沈下時間の計算が行われてきたが、実際の観測値と合致しないことが指摘されている。本研究では、この原因に泥炭の不均一性および排水条件の違いを考え、特殊圧密試験機を用いて供試体高さを変化させた圧密試験および水平方向の排水を許容した状態での圧密試験を実施した。ここでは、特殊圧密試験機による試験法の概要と、これまでに実施した圧密試験による泥炭の圧密定数の検討結果について報告する。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.