シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 カムクレイモデルによる泥炭性軟弱地盤の変形解析

作成年度 1993年度
論文名 カムクレイモデルによる泥炭性軟弱地盤の変形解析
論文名(和訳)
論文副題
発表会 高有機質土地盤の諸問題に関するシンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 1993/11/18
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道大学工学部福田 文彦(FUKUDA Fumihiko)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
土質基礎研究室西川 純一(NISHIKAWA Junichi)
土質基礎研究室小田島 大(ODAJIMA Hiroshi)
北海道大学工学部三田地 利之(MITACHI Toshiyuki)
抄録
泥炭性軟弱地盤上に土構造物などを築造する場合、地盤のせん断変形に起因する側方流動が生じる。側方流動は、周辺地盤に水平変位および隆起などを生じさせるものである。近年の建設工事は、周辺環境の厳しいものが多く、地盤の側方流動が近接する構造物、家屋、地下埋設物などに影響を与える場合も少なくない。したがって、地盤の変形を事前に予測することが重要となるが、泥炭性軟弱地盤の変形を精度良く表現する解析手法については、未だ確立されていない現状にある。[*]本文は、弾塑性モデルのひとつであるカムクレイモデルを用いた有限要素法によって泥炭性軟弱地盤上に盛土を施工した場合の地盤変形を解析し、動態観測結果との比較を行ったものである。その結果、カムクレイモデルによる変形解析が実際の挙動と良い対応を示すことが明らかとなった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.