シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 高波浪下における水中トンネルの動揺および流体力特性(その2)

作成年度 1994年度
論文名 高波浪下における水中トンネルの動揺および流体力特性(その2)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会海岸工学講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1994/11/29 ~ 1994/11/30
所属研究室/機関名 著者名(英名)
水工部水野 雄三(MIZUNO Yuzo)
五洋建設(株)技術研究所国栖 広志(KUNISU Hiroshi)
北海道大学山下 俊彦(YAMASHITA Toshihiko)
北海道大学佐伯 浩(SAEKI Hiroshi)
西松建設(株)技術研究所水野 晋(MIZUNO Shin)
抄録
水中トンネルに作用する波力は、ポテンシャル理論を用いた境界要素法又はモリソン式を用いて算定できることを模型実験により明らかにした。また、係留索に働く最大張力および最小張力は周期を一定とすると、波高の増加にともなって線形に増加または減少する。[*]水中トンネルが不安定となる原因としては、トンネルの係留方法とトンネルの比重が重要であることを明らかにし、比較的小直径の水中トンネルについて実験で、流体力と係留索に働く張力特性を明らかにした。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.