シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 越波によるインターロッキングブロック舗装の破壊機構について

作成年度 1994年度
論文名 越波によるインターロッキングブロック舗装の破壊機構について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1995/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
港湾研究室木村 克俊(KIMURA Katsutoshi)
釧路開発建設部菊池 聡一(KIKUCHI Souichi)
港湾研究室須藤 賢哉(SUDOH Kenya)
港湾部港湾計画課遠藤 仁彦(ENDO Kimihiko)
抄録
親水護岸背後のインターロッキングブロック舗装の耐波特性に関して、現地の被災事例と水理模型実験結果に基づいて検討した。護岸からの越波によって、インターロッキングブロック舗装の目地砂が洗堀され、引抜きに対するせん断強度が減少する。このため揚力によってブロックが吸い出され破壊に至る。インターロッキングブロック舗装の許容越波流量としては、0.01m3/m/s程度を目安とすれば良いことが明らかになった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.