シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 農用地における炭酸ガスフラックスの測定

作成年度 1994年度
論文名 農用地における炭酸ガスフラックスの測定
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1995/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
農業土木研究室鈴木 良寛(SUZUKI Yoshihiro)
網走開発建設部尾初瀬 徳生(OBASE Norio)
農業土木研究室児玉 正俊(KODAMA Masatoshi)
農業土木研究室中村 和正(NAKAMURA Kazumasa)
農業土木研究室秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
抄録
現在、農地の地域環境への影響の把握が求められている。そのため、1994年から北海道内の農地における植物群落へのCO?吸収量の調査を開始した。計測結果によると、ビート畑における日中の農地へのCO?吸収量は、晴天日には約290~400㎎・CO?/100c㎡/day、曇天日には約60~310㎎・CO?/100c㎡/dayであった。また、晴れた日には同じ正味放射に対するCO?フラックスが、午後よりも午前中の方が大きいという現象がみられた。一方牧草地では、CO?フラックスと正味放射との関係をおおよそ把握できたものの、ビート畑のような周日変化は明らかにすることができなかった。これは、日射の頻繁な変化により、牧草の光合成が変動したためであると推察される。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.