シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 美々試験道路における構成厚の異なる舗装の長期パフォーマンス(中間報告)

作成年度 1994年度
論文名 美々試験道路における構成厚の異なる舗装の長期パフォーマンス(中間報告)
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1995/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
維持管理研究室中川 伸一(NAKAGAWA Shin’ichi)
維持管理研究室島多 昭典(SHIMATA Akinori)
維持管理研究室小笠原 章(OGASAWARA Akira)
抄録
アスファルト舗装の運用の効率化を図るための手法として、疲労曲線を用いた力学的設計法および、構築後の舗装の構造的な評価を導入し、設計から管理、修繕計画までを一貫した舗装管理システム(PMS)の中で実施することが多くの研究者から提案されている。日本においても近年、PMSの導入と併せて、パフォーマンスの予測が可能な力学的設計法の導入が広く検討されている。美々新試験道路は、力学的設計と構築後の構造的な舗装評価法の試行、および舗装の路面性状パフォーマンスとパフォーマンスに与える影響の把握を目的に1990年7月に一般国道36号苫小牧市三沢に構築された。本文では、美々新試験道路における供用5年経過時点までの調査結果を中間報告する。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.