シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 定置式凍結防止剤自動散布システムについて

作成年度 1994年度
論文名 定置式凍結防止剤自動散布システムについて
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1995/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
維持管理研究室蛯子 恭好(EBIKO Yasuyoshi)
維持管理研究室小笠原 章(OGASAWARA Akira)
抄録
脱スパイクによって北海道はきれいな空を取り戻した一方、非常にすべりやすい路面の出現など予想しない事態も発生し、冬期路面管理の一層の充実に大きな社会関心が寄せられた。北海道のように寒冷かつ降雪量の多い地域において、冬期路面管理の基本は除雪作業であるが、降雪量が少ない時には一般に出勤しないことから、圧雪アイスバーン路面や、ブラックアイス路面などが発生した場合には、凍結防止剤の散布や、砂の散布などが補助的な手段として必要となる。[*]北海道開発局においては、すべりやすい路面状態の解消に向けて最近、凍結防止剤や、砂の散布量を増やしてきており、その効率的な散布方法や、自然環境への影響などの調査研究が行われている。本文はこうした研究の一つとしてトンネルの坑口や覆道の入口付近など比較的凍結路面になりやすい箇所へ凍結防止剤を効果的に散布する方法として開発された定置式の凍結防止剤自動散布システムの概要を紹介するものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.