シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 「人に優しい道路」を目指して

作成年度 1994年度
論文名 「人に優しい道路」を目指して
論文名(和訳)
論文副題 歩道横断勾配が車いすの挙動に及ぼす影響
発表会 土木学会、第17回土木計画学研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1995/01/09 ~ 1995/01/11
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道開発コンサルタント横山 哲(YOKOYAMA Tetsu)
維持管理研究室小笠原 章(OGASAWARA Akira)
維持管理研究室栗山 清(KURIYAMA Kiyoshi)
維持管理研究室中川 伸一(NAKAGAWA Shin’ichi)
抄録
高齢化社会から超高齢化社会への進展が予想される現在、障害者や高齢者などが安心して生活できる社会環境の整備の必要性が高まってくる。現在の北海道の歩道の諸元は、積雪寒冷地の特殊性を考慮して検討されたものであるが、その多くは社会の大半を占める者の行動・能力より検討されたものと考えられ、ノーマライゼーション社会に対応するためには、障害者や高齢者が利用する上での問題点を把握し、総合的に再検討を行う事が必要である。本研究は、横断勾配の違いによる車いすの挙動の違いから、横断勾配と通行幅についての検討を行ったものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.