シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 河川津波の一般断面1次元計算モデルの構築と実河川への適用に関する研究

作成年度 2012年度
論文名 河川津波の一般断面1次元計算モデルの構築と実河川への適用に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第713号
発表年月日 2012/10/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地河川チーム吉川 泰弘(YOSHIKAWA Yasuhiro)
寒地河川チーム阿部 孝章(ABE Takaaki)
北海道開発局札幌開発建設部札幌河川事務所所長(前 寒地河川チーム)平井 康幸(HIRAI Yasuyuki)
抄録
2011年3月東北地方太平洋沖地震に伴い発生した河川津波において、現場での課題の一つとして、津波がどこまで河川を遡上するのか分からず、樋門・水門の閉鎖活動の範囲、河川巡視の範囲の判断ができなかったことがある。実際の津波来襲時は、様々な河川の水理条件が考えられるため、事前にこれらの条件において、数値計算を用いて河川遡上距離や危険箇所を明らかにしておき、津波来襲時の防災・減災対応の判断材料を得ておくことが肝要である。本研究は、津波の河川遡上時の防災・減災対応を考える上での基礎資料を得ることを目的に、越流を考慮した河川津波の一般断面1次元不定流計算モデルを構築した。十勝川と新釧路川を対象に河川津波の再現計算を行い、現象の解明を試みた。本計算モデルを用いて、河川流量、河床勾配および津波規模が、河川津波に与える影響について検討した。また、現場での本計算モデルの活用例を示した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.