シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 FULL SCALE IMPACT TEST OF PC ROCK-SHED WITH SHOCK ABSORBING SYSTEM

作成年度 1995年度
論文名 FULL SCALE IMPACT TEST OF PC ROCK-SHED WITH SHOCK ABSORBING SYSTEM
論文名(和訳) FULL SCALE IMPACT TEST OF ROCK-SHED WITH SHOCK ABSORBING SYSTEM
論文副題
発表会 苛酷環境下におけるコンクリートの挙動に関する国際会議
誌名(No./号数)
発表年月日 1995/08/01 ~ 1995/08/05
所属研究室/機関名 著者名(英名)
構造研究室佐藤 昌志(SATO Masashi)
構造研究室西 弘明(NISHI Hiroaki)
室蘭工業大学管田 紀之(KANDA Noriyuki)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
抄録
本研究では、5tf重錘を用いた衝撃実験により、実規模PC覆工主桁の動的挙動に関して検討を行ったものである。実験ではPC多主桁上に緩衝材として敷砂単層および三層緩衝構造(敷砂・PC版・EPS材)を設置し、その中央部に重錘を自由落下させて行い、衝撃荷重作用時の応答性状を計測している。その結果、得られたことをまとめると以下のようになる。1)重錘衝撃力に関しては基礎剛制の影響は大きくない。2)三層緩衝構造を用いた場合の荷重分散効果は敷砂に比較して非常に大きい。3)敷砂単層を用いた場合の載荷主桁の荷重分担率は横締めなしで58%、横締めありで45%程度に見積もることが可能である。4)同様に三層緩衝構造を用いた場合は35%および30%程度である。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.