シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 雪氷路面における凍結防止剤等の散布効果に関する研究

作成年度 1995年度
論文名 雪氷路面における凍結防止剤等の散布効果に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1996/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
交通研究室高木 秀貴(TAKAGI Hideki)
交通研究室美馬 大樹(MIMA Hiroki)
交通研究室川村 浩二(KAWAMURA Kouji)
抄録
車両のスタッドレスタイヤ化により、非常に滑りやすい雪氷路面の出現など冬期路面性状の変化やスリップ事故の急増が社会問題となってきており、より高度な路面管理が求められてきている。様々な雪氷路面対策の内、平成4年度以前には北海道開発局においてほとんど使用されていなかった凍結防止剤やすべり止め材が平成5年度以降頻繁に使用されるようになり現在までその使用量が急増し続けている。しかしながら、凍結防止剤の大量散布は様々な二次的影響を引き起こす原因になると言われており、これまで大量散布してきた欧米諸国では散布量の削減が大きな課題となっている。このような実態を踏まえて、路面凍結の予防やスタッドレスタイヤの通行による滑りやすい雪氷路面の発生防止などを主眼とした適切な散布方法の確立を目的として、凍結防止剤とすべり止め材の散布後の路面状況を把握するため一般国道において散布効果試験を実施した結果について考察したものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.