シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 網走川流域の植生指数の周年変化について

作成年度 1995年度
論文名 網走川流域の植生指数の周年変化について
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1996/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土壌保全研究室中村 和正(NAKAMURA Kazumasa)
農業土木研究室秀島 好昭(HIDESHIMA Yoshiaki)
農業土木研究室児玉 正俊(KODAMA Masatoshi)
抄録
地表面の被植状況や植物の活性、繁茂状況を示す指標の一つである植生指数の周年変化について、網走川流域内の植物群(土地利用)ごとに調査した。植生指数は、畑作物の生産量とに関連が予想されるほか、水文流出分野における森林域の繁茂状況と流出機構の検討にもその適用が考えられるなど、植生指数の周年変化を整理することは重要である。植生指数は、春から夏にかけて植物群の活性に応じて高い値を示し、また、秋にはその値が低下する形状をどの植物群も有しており、本論ではその特徴を整理できた。畑地について植生指数と生産量の関係を検討したところ、生産量に結びつつ生育過程(時期)が不明のせいか、植生指数と収量の線形な関係は未出せなかった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.