シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 コンクリートの流動性支配パラメータ

作成年度 1995年度
論文名 コンクリートの流動性支配パラメータ
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1996/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
材料研究室堺 孝司(SAKAI Koji)
材料研究室塚本 順也(TSUKAMOTO Junya)
抄録
近年、土木構造物の多様化および大型化が進み、それに伴ってコンクリートの高性能化が強く望まれるようになってきた。コンクリートの高性能化の一つとして最近、施工の省力化および耐久性の向上を目的として締固め不要の自己充填性コンクリートが開発され、その施工例も増えつつある。しかしながら、このコンクリートは一般に多量の結合材を用いているため、経済性および発熱の観点から必ずしも一般的に受け入れられているとは言い難い。[*]このようなことを背景に、著者らはこれまでセメントの水和熱の抑制あるいはコスト低減の観点から、低結合材量におけるコンクリートの高流動化について研究してきた。ここでは、これらの内、コンクリートの流動性を支配するパラメータについての検討結果について述べる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.