シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 豊平峡ダムにおける湖岸緑化試験

作成年度 1995年度
論文名 豊平峡ダムにおける湖岸緑化試験
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1996/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
環境研究室藤田 満士(FUJITA Mitsushi)
環境研究室齋藤 大作(SAITOH Daisaku)
北海道開発局建設部吉井 厚志(YOSHII Atsushi)
抄録
近年、全国のダム湖岸において、植生導入の試みが盛んにおこなわれるようになった。一般にダム湖岸は水位低下時に、植生のない部分が水平な帯となって取りまいている場合が多く、それを緑化することが求められている。これは、良好な景観を創造するとともに、裸地の侵食によるダム湖岸への土砂流入を抑えることも目的としている。また、ダム湖周辺の生態系への影響を緩和する効果も期待されている。[*]しかしダム湖岸は、年間を通じて水位変動が30m以上になるダムもあり、水没、波浪、侵食を繰り返し受けるなど環境圧が非常に強く、植生の定着には厳しい条件下にある。特に北海道などの積雪寒冷地においては、湖岸斜面の雪や氷の滑動に伴って、植生や表土が削剥されるという大きな問題があり、この調査・研究のメインテーマとして取り組んでいかなければならない部分である。[*]本報告では、先進的に湖岸緑化の努力が続けられている豊平峡ダムにおいて、過去の成果を踏まえて1995年に実施した植生導入試験の結果などと、今後の進め方についてまとめてみた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.