シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 圧縮側と引張側の凍害深さを変化させた曲げ破壊型RCはり部材の構造性能に関する研究

作成年度 2012年度
論文名 圧縮側と引張側の凍害深さを変化させた曲げ破壊型RCはり部材の構造性能に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 寒地土木研究所月報 第715号
発表年月日 2012/12/10
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム林田 宏(HAYASHIDA Hiroshi)
北海道大学大学院工学院北方園環境政策工学部門准教授佐藤 靖彦(SATO Yasuhiko)
北海道大学大学院工学院北方園環境政策工学部門教授上田 多門(UEDA Tamon)
抄録
凍害劣化域の大きさ(凍害深さ)と位置を変数としたRC はりの載荷実験を行い、凍害劣化域が部材の圧縮側と引張側のどちら側に存在するか、また、その大きさにより、最大耐力、変形性状、破壊形式が大きく異なることを明らかにした。具体的には圧縮側の劣化に着目すると、凍害深さが大きいほど剛性や最大荷重時の変位は低下し、破壊形式は斜め圧縮破壊に移行しやすくなること、また、引張側の劣化に着目すると、凍害深さが小さければ、付着強度の低下によりタイドアーチ機構に移行し変形性能が向上するが、凍害深さが大きければ、脆性的な斜め引張破壊を起こすことで変形性能が低下する可能性があることを見出した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.