シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 高空隙排水性舗装の北海道での適用に関する室内試験

作成年度 1996年度
論文名 高空隙排水性舗装の北海道での適用に関する室内試験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木学会年次学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 1996/09/17
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭開発建設部小笠原 章(OGASAWARA Akira)
維持管理研究室蛯子 恭好(EBIKO Yasuyoshi)
札幌開発建設部阿部 篤(ABE Atsushi)
抄録
現在、排水性舗装は道路利用者の二一ズに応える様々な機能を持っていることから、その施工が増大している。しかし、その機能も目詰まり、目つぶれによる機能の低下、またその機能の回復が困難なことが問題となっている。[*]これらの問題の解決方法として、空隙率を大きくすることが有効であることが確認されており、バインダーの性状も向上していることから、高空隙な排水性舗装の施工が北海道においても可能であると考え、今回室内試験を実施し、耐久性の検討を行った。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.