シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 美唄川1997年出水における樹木の水理的影響

作成年度 1996年度
論文名 美唄川1997年出水における樹木の水理的影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1997/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
河川研究室鳥谷部寿人(TOYABE Toshihito)
河川研究室馬場 仁志(BABA Hitoshi)
北海道開発コンサルタント㈱吉田 隆年(YOSHIDA Takatoshi)
石狩川開発建設部藤田 隆保(FUJITA Takayasu)
河川研究室船木 淳悟(FUNAKI Jungo)
抄録
1997年8月9日午後から2日間連続した降雨により、石狩川中流域では一部の支流において洪水が発生した。美唄川では美唄水位観測所におけるピーク水位が計画高水位を0.64m超過した。しかし、水文諸データから推定したピーク時の流量は、計画高水量を大きく下回っている。著者らは、高水敷上および水際に密に分布している樹木が、流水阻害原因となって水位上昇をもたらしたと推定し、植物の影響を考慮した河道モデルを作成し、観測された洪水痕跡水位に適合するように調整した。このモデルによる解析の結果、高水敷上などに樹木のない場所を仮定すると、実際の観測水位より約1m低くなると推定された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.