シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 水田の用水管理施設

作成年度 1996年度
論文名 水田の用水管理施設
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1997/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土壌保全研究室中村 和正(NAKAMURA Kazumasa)
抄録
北海道での水田水管理は、冷害の有効な対策として位置づけられている。圃場整備が進むと圃場の水管理は高度化し、特定の期間や特定の時間帯に取水が集中する傾向がある。これに対し従来の水田用水計画では、圃場での水需要の時間変動は考慮されていなかった。これは、供給側が一定量を送水して水管理する開水路の考え方の影響である。[*]しかし実際には、圃場の水需要は1日を通じて大きく変動する。1996年の北海道内のパイプラインでの流量調査では、早朝4時30分頃から圃場の給水栓が開けられ、短時間のうちに流量は管の通水容量の上限に達していた。このような水需要変動に対応するには、調整池や適切な減圧施設が必要である。[*]圃場での水利用の自由度の確保や水資源の有効利用のために、今後の用水計画ではこのような水需要変動への配慮が求められる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.