シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 北海道におけるITS技術開発推進のフレームワークスタディ

作成年度 1996年度
論文名 北海道におけるITS技術開発推進のフレームワークスタディ
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1997/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災雪氷研究室加治屋安彦(KAJIYA Yasuhiko)
防災雪氷研究室福澤 義文(FUKUZAWA Yoshifumi)
防災雪氷研究室熊澤 義曻(KUMAZAWA Yoshinori)
抄録
高度道路交通システム(ITS)の技術開発が国を挙げて取り組まれている。[*]北海道開発局では、積雪寒冷地の、特に冬期交通の安全性向上や災害時対応等の観点から、高度道路交通システム(ITS)技術の応用について研究開発を進め、北海道の地域特性に根ざした研究開発推進テーマからなる「ITS/win研究計画」を策定している。[*]また、開発土木研究所では、北海道のITSの推進方向を検討する「北海道におけるITS推進懇談会」を設置し、ITSが北海道の道路交通や地域社会に与えるインパクト等について、有識者から意見を収集して、幅広く検討を行った。[*]本論文は、北海道におけるITS技術開発推進フレームワークスタディ調査の結果について報告するとともに、北海道における今後のITSの推進のあり方について述べる。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.