シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 Properties and components of deposit which occurred inside a drainage tube

作成年度 1996年度
論文名 Properties and components of deposit which occurred inside a drainage tube
論文名(和訳) Properties and components of deposit which occurred inside a drainage tube
論文副題
発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 1997/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土壌保全研究室高宮 信章(TAKAMIYA Nobuaki)
土壌保全研究室大矢 朋子(OYA Tomoko)
土壌保全研究室石渡 輝夫(ISHIWATA Teruo)
抄録
暗渠管内の堆泥土の性状と組成をそれが主に由来すると考えられる埋戻し土を対照に調査した。[*]1)堆泥土はゲル状で赤褐色を呈するが、黒褐色を呈する埋戻し土よりも炭素含有量が高く、含水比も高く、容積重は小さかった。[*]2)全分析の結果、埋戻し土では珪素6%、アルミニウムが12%、鉄が6%を占め、地核の値と近似したが、堆泥土では鉄が53%、珪素が8%、アルミニウムが3%を占め、埋戻し土とは大きく異なった。[*]3)埋戻し土のX線回析では、幾つかの粘土のピークが認められたが、堆泥土にはピークは認められず、堆泥の主成分の鉄化合物は非晶質であった。[*]4)堆泥土には茶褐色の綿毛状の物質の他に、螺旋状の物質が認められ、これは鉄細菌Gallionera属の代謝産物と類似しており、堆泥の生成には鉄細菌が関与していることが推定された。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.