シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 Field Test Results of Intelligent Delineator System

作成年度 1996年度
論文名 Field Test Results of Intelligent Delineator System
論文名(和訳) Field Test Results of Intelligent Delineator System
論文副題 インテリジェント・デリニェータ・システムのフィールド試験結果
発表会 除雪と雪氷対策技術-第4回TRB国際シンポジウム査読論文集
誌名(No./号数)
発表年月日 1997/01/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
防災雪氷研究室加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
防災雪氷研究室福澤 義文(FUKUZAWA Yoshifumi)
道路部長石本 敬志(ISHIMOTO Keishi)
明星電気㈱石丸 元(ISHIMARU Hajime)
抄録
自発光デリニェータにポール型視程計、停止車両検知用レーダを組み込み、吹雪などの視程障害時には状況に応じた発光を自動的に行ってドライバーに注意を促すとともに、事故や運転困難で停止した車両が出た場合にはこれを自動的に検知して後続車に警報を発するインテリジェント・デリニェータ・システムを開発した。このシステムの開発は1993年に開発され、93/94冬期にはポール型視程計のフィールド試験を、また94/95と95/96の冬期には、ミリ波を用いた停止車両検知用レーダのフィールド試験を行った。試験の結果、ポール型視程計は十分な視程測定精度と高い動作安定性を有することが明らかになった。また停止車両検知用レーダにっいては、95/96冬期の試験では、軽乗用車、小型車、RV車、バスの4種類とも、視程約20mの激しい吹雪の中でも約100m離れた地点から検知することができた。これらの試験の結果から、停止車両検知用レーダとトータルとしてのこのシステムは、今後の実用化に向けて開発が十分可能であることを確認した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.